ホーム > 慰謝料・加害者の方

交通事故施術の慰謝料・加害者の方

交通事故施術の慰謝料・加害者の方

四ツ葉鍼灸接骨院

被害者の方の場合

■施術費について
窓口負担は0(ゼロ)! 安心して施術に専念していただけます。

交通事故によるけがなどの施術は、加害者が加入している自賠責保険を利用して行いますので、患者さまご本人の窓口負担はありません。

■補償について
交通事故の補償内容、ご存知ですか?

交通事故の補償内容について、知らずに損をされる方がとても多いのが現状ですが、自動車損害賠償保障法、民法、任意保険などに基づく賠償補償を請求することができます。
たとえば、治療費はもちろん、通院に必要な交通費も補償の対象となります。交通事故治療に関してかかった費用の領収書は、治療が完了するまで大切に保管してください。

[補償対象]
■治療費
病院での応急手当費や診察料のほか、手術、処置、投薬、入院料、通院費、転院費などが対象となります。接骨院での施術も、もちろんこれに含まれます。

交通費
通院のための、自家用車のガソリン代、公共交通機関の料金、タクシー代、駐車料金などが対象です。領収書などは必ず大切に保管してください。

休業損害費
自賠責保険基準では、1日5,700円が補償されます。パートや主婦、日雇い労働者の方なども対象となりますので、ご確認ください。また、日額5,700円以上の収入があることを証明できれば、下記の計算式による実費が支払われます(上限19,000円)。
→ 給与所得者
過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が、補償額決定の基礎となります。
事故に遭う前3カ月間の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成し、担当者名、代表社印のあるもの)
パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故に遭う前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(勤務先等の証明が必要)
事業所得者
事故に遭った年の前年の所得税確定申告所得を基準に1日当たりの平均収入を算出し、それをもとに支払われます。
家事従事者
事故により家事ができない場合は、収入の減少があったものとし、1日5,700円を限度として支払われます。

慰謝料
交通事故によって負った肉体的・精神的な苦痛に対する損害賠償のために支払われるのが慰謝料です。慰謝料の基準は1日あたり4,200円です。

※自賠責保険や任意保険を利用した場合、治療に関連した文書料などもすべて、患者さまご本人の負担はありませんので、ご安心ください。

[補償の支払い基準]
自賠責保険や共済は、政令で定める一定の限度額に基づき、事故に遭われてしまった方々に対して保険金等を支払います。損害保険会社(組合)は、傷害、後遺症障害、死亡それぞれのケースに応じて支払基準および損害額を定め、これに基づき払うものとされています。
その損害額の算定基準には、労働能力の喪失率や、就労可能の残年数、平均の余命年数、年齢ごとの平均給与額なども含まれており、一律ではありません。

加害者の方へ

診療風景

■施術費について
加害者でも、任意保険を利用すれば窓口負担なしで治療が受けられます。

※任意保険については、患者さまの加入状況、事故の状況も含めて、すべての人が利用できるわけではありませんので、ご注意ください。

交通事故に遭うというだけでも大変なことなのに、自分が加害者になってしまったら――精神的な負担も大きい上に、自賠責保険も使用できず、「自分の治療なんて後回し」と、我慢してしまう方が多いようです。

しかし、加害者になってしまった方でも、ご自身はもちろん、同乗者の方で、専門的な治療が必要なけがや強い痛みを負っている方がいらっしゃいます。
過失の割合で加害者となってしまったとしても、私どもにとっては大切な患者さまの1人です。少しでも早い症状の改善・痛みの緩和を目指しましょう。

交通事故に遭われたら、どんな状況であっても1人で悩まず、交通事故の施術のエキスパートである私どもにご相談ください。適切なアドバイスをさせていただきます。
ご加入の保険を見直せば、窓口負担なく施術が受けられる場合もあります。
まずは一度できるだけ早く、当院へお越しください。

自損事故の場合

■施術費について
自損事故でも、任意保険を利用すれば窓口負担なしで施術が受けられます。

※任意保険については、患者さまの加入状況、事故の状況も含めて、すべての人が利用できるわけではありませんので、ご注意ください

交通事故に遭われた方の3人に1人は自損事故である、というのが現状です。
カーブを曲がりきれず、ガードレールにぶつかってしまった
油断してバックで壁にぶつかってしまった
など、さまざまな状況で、事故に遭われています。

軽いものに見えても、交通事故による衝撃は、日常生活では考えられないほどの大きな衝撃です。
自損事故を起こしてしまった方の場合は、ご自身はもちろん、搭乗者の方も大きなけがを負ってしまっていることも多いのにもかかわらず、「自賠責保険が使えないから、高い治療費がかかってしまうのでは……」と、我慢してしまう方も多いと聞きます。
たいしたことないから、と放っておくと、症状が悪化し、後遺症を残してしまうこともあります。できるだけ早い検査と治療を行う必要があります。
交通事故に遭ったら、お早目に当院にご来院ください。

■任意保険の補償について
任意保険は、自損か他損か・被害者か加害者かなどの条件によって補償される保険です。補償対象や立場はさまざまですが、そのなかでも加害者の方で自損事故の場合は「人身傷害」と呼ばれます。
この人身傷害とは、具体的には、被保険者が自動車に乗車中、事故などによって死亡したり、傷害や後遺障害を負ったりした場合に、各保険会社が定めた算定基準に基づいて保険金が支払われる仕組みです。

補償範囲

・契約中の自動車に搭乗している方
…ご契約の自動車に搭乗中の交通事故に対する補償

・本人および家族の方
…他の自動車に搭乗中の交通事故に対する補償
…歩行中の自動車事故や、自転車を運転中の自動車事故に対する補償

補償対象

・治療費
・逸失利益(働けない間の収入「休業補償」など)
・精神的損害
・将来の介護料

※任意保険については、各保険会社およびご契約中のプランによって、補償範囲、支払対象となる項目も変わってきます。くわしくは、ご契約中の保険会社の約款をご覧いただくか、直接お問い合わせのうえ、ご確認ください。